Boon ブーン

日々の疑問に役立つ何かをアナタに。

お悩み

足にある低温やけど跡を目立たなくするには?隠す方法や使える小物とは

投稿日:


寒い冬にはストーブやこたつ、湯たんぽで暖をとりながら眠るのがとても気持ちがいいんですよね〜。
この心地よさは味わってしまうとやみつきになってしまいますが、一歩間違えると低温やけどとなり、治っても傷あとが残ってしまう場合があります…。

冬は寒いので肌の露出は少なくて済みますが、おしゃれをしたい!となると素足を出す機会も生まれるかと思います。
しかしそんな時に足に傷あとがあると、おしゃれをしたいのに思わぬ弊害となってしまいますよね…。

1日だけでも、おしゃれする間にどうにか傷あとを隠せないだろうか…?

こんな疑問があるあなたに、今回は低温やけどでできてしまった傷あとを一時的に目立たなくする方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

低温やけど跡を目立たなくする方法

簡単に傷あとを隠すには、コンシーラーファンデーションを使うと良いでしょう。
粉タイプではなく、BBクリームなどクリームタイプがよく隠れておすすめです。
化粧品売り場でのテスターで、カバー力の強いものを試してみるのも良いですよね。
(直接足の傷あとに試すのはだめですよ!)

クリームによって確実に消えるわけではありませんが、できるだけ厚めに塗ることによって目立たなくすることはできます。

うっかり擦ってしまうと服に付いてしまうので、裾の近くにある傷あとには不向きかもしれません。

 

コンシーラーやファンデーションを使うのであれば、隠したい場所だけに塗るのではなく、周りにも塗り込んでなじませると自然で目立ちにくいです。

可能ならば、ベージュのストッキングと併用すると更に効果が期待できますよ!

 

 

低温やけど跡を隠すのに使える小物

傷あとの具合によっては、コンシーラーやファンデーションではカバーしきれないですよね…。
凸凹があったりすると、塗るだけではうまく誤魔化せません。
でも素足を出したいし…。

 

そんな方におすすめなのもので、太もも限定となってしまいますが『ガーターリング』というものがあります。

スポンサーリンク

 

 

 

元々は靴下が落ちてしまうのを防ぐためのものでしたが、今ではセクシーなファッションとして身に付けられることが多くなっています。
フリフリの可愛いものから、「これはちょっと可愛すぎ…」という方にはベルトでできたカッコイイガーターリングもありますので、チェックしてみると良いかもしれません。

 

男性からしてみるとセクシーなガーターリングに目がいってしまいますが(笑)、隠す部分は一部だけで良い上に、ズレない限り傷あとが見えることもないです。

片方だけに付けていても全く不自然ではありませんしね♪

 

 

まとめ

低温やけどの傷あとは、やけど直後の対処の仕方によって治りやすくも治りにくくもなります。
やけど直後の対処が上手くできていなくても、後からきちんとした治療をしてやると傷あとも目立たなくなってきますので、「傷あとを隠す方法」はあくまで一時しのぎと考えてしっかりと治療を行ってくださいね。

 

スポンサーリンク

-お悩み
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

授業中にお腹が鳴るのを抑える方法!音の原因と鳴らさないためには?

お昼前の4限目はお腹が空きますよね。 いつも以上に早く授業終われ〜!と念じてしまいます。 スポンサーリンク 誰しも経験があるはずですが、空腹になってくるとシーンとした授業中やテスト中に「グ〜ッ!」っと …

お中元やお歳暮で貰ったジュースの消費方法。簡単リメイクで美味しいデザート♪

お中元やお歳暮で、相手からジュースを大量に頂いてしまって処理しきれない…。 かといって捨ててしまうのはもったいないですし、できるだけ避けたいですよね。 スポンサーリンク   ・ジュースは好き …

恥ずかしがり屋が忘年会で新人挨拶!シャイでも少しは印象に残りたい!

忘年会の季節が近づいてくると、憂鬱になってくる方はいませんか? 上司に気を遣わないといけないし、上手く会話に参加できるわけでもないし…とにかく人前は恥ずかしい。 正直、忘年会に参加したくないと思ってい …

親戚からのお歳暮を違う品物に変えて欲しい!断る例文と連絡手段は?

お歳暮とは本来、お世話になった方に感謝の気持ちと変わらずのお付き合いをしてくださいねという意味合いを込めて贈るものです。 スポンサーリンク それがいつしか儀礼のようなものになってしまい、「贈らなければ …

硬貨の汚れはどうやって落とす?黒ずみの原因や綺麗にならない場合の対処法は?

スーパーのレジや自動販売機のお釣りなどで小銭を受け取ると、たまにものすご〜〜く汚れている硬貨に出会ますよね。 「これって何円?!」と言いたくなるほど、黒ずんでしまっている硬貨もあったりします。 お金は …