Boon ブーン

日々の疑問に役立つ何かをアナタに。

病気

風邪の予防に効果的な食べ物は?免疫力をつけて寒い冬を乗り切ろう!

投稿日:

 「風邪は万病のもと」とも言われるほど、風邪は甘く見ていると様々な病気のきっかけになってしまう可能性があります。

風邪はうがい手洗いを予防の基本として、普段の食べ物から免疫力をつける栄養素を摂取し、体の中から風邪の予防をすることも大切となってきます。

食事によって免疫力をつけることにより、病気になりにくい体を作っておくと風邪が流行してしまった時などに安心ですよね。

 

では、風邪を予防するために効果的な栄養素を含んだ食べ物とは何があるのでしょうか?

 

効率よく免疫力をつけていくために必要な食べ物を知っておきましょう!

スポンサーリンク

 

風邪予防のための免疫力がつく栄養素とは?

免疫力を高める栄養素には様々な種類がありますが、中でも

 

・タンパク質(アミノ酸)
・乳酸菌
・ビタミンC
・ビタミンE

 

などが効果的な栄養素です。

 

 

タンパク質(アミノ酸)

炭水化物、脂質と同じ三大栄養素とも言われていますよね。
タンパク質は体のホルモンを作るための材料であったり、活動のためのエネルギーにもなる栄養素です。
動物性と植物性、2種類のタンパク質があります。

 

 

乳酸菌

乳酸菌は、腸内菌の中でも善玉菌と呼ばれているものです。
ブドウ糖やオリゴ糖などを栄養として、人間の腸内で乳酸を作る働きを持っています。
乳酸菌の中には、内臓脂肪や皮下脂肪の代謝を上るとともに、脂肪を燃焼させる効果があるものもあると言われています。
食品を発酵させたものに多く含まれています。

 

 

ビタミンC

血液中のウイルスを撃退し、体を守ろうとする白血球を手助けする役割があるのがビタミンCです。
ビタミンCを摂取し白血球が十分働いていると、侵入してきたウイルスをやっつけてくれるので病気になりにくくなります。
緑黄色野菜に多く含まれています。

 

 

ビタミンE

ビタミンEには、コレステロール値を下げたり肌荒れの予防改善、血流促進などの効果があります。
ビタミンCと一緒に摂取することにより、体内の油分を保護して効果が薄くなったビタミンEを、ビタミンCが再度活動できるように蘇生してくれるため相乗効果が得られるようになります。

 

 

風邪の予防に効果的な食べ物

タンパク質(アミノ酸)

・牛肉(ロース)
・生のアジ
・卵
・牛乳  など

スポンサーリンク

 

タンパク質には『動物性タンパク質』と『植物性タンパク質』の2種類があり、含まれる必須アミノ酸のバランスが違います。
植物性タンパク質には、動物性タンパク質に含まれている9種類の必須アミノ酸のうち、一部が不足しているものがあります。

 

体内への吸収率も動物性と植物性では違いがありますので、トータルで見ると動物性タンパク質を摂取する方が良いと言えます。

 

 

乳酸菌

・ヨーグルト
・チーズ
・乳酸菌飲料 など

 

乳酸菌を摂取するために、食後のデザートとして毎日ヨーグルトを食べる習慣をつけると良いでしょう。

近年では乳酸菌が多く含まれた食品が沢山販売されています。
CMでも目にする機会が多いので、非常に簡単に摂取することができる栄養素ともいえます。

 

 

ビタミンC

・ニンジン
・ピーマン
・キャベツ
・レモン  など

 

よく耳にするビタミンCは、主に果物や野菜に多く含まれています。
中でも色の濃い緑黄色野菜はビタミンの宝庫です。

ちなみに、ビタミンCはレモンの果汁よりも果肉に多く含まれているそうです。

 

ビタミンE

・お茶(緑茶)
・植物性油
・アーモンド
・小麦胚芽  など

 

脂肪の酸化を抑える働きのあるビタミンEは、お茶や木の実類に多く含まれています。
なかなか摂取しづらいところではありますが、免疫力を上げる以外にも動脈硬化や心筋梗塞など、生活習慣病の予防にも効果があるので、できる限り摂っておきたい栄養素でもあります。

 

 

風邪の予防には日光を浴びると良い?

免疫力は食事以外でも高めることができます。

免疫力を高めるビタミンDは、太陽の光を浴びると体内合成される栄養素です。

 

窓越しではなく、毎日 直射日光を浴びるだけでも十分効果が得られます。

 

注意していただきたいのは、日焼け止めのクリームや長袖の衣服などで素肌を覆ってしまうと効果が薄れてしまう点です。

しかし、女性の中には直接日光に当たると日焼けを心配してしまう方もいるはずです。

が、何も数時間浴びるわけではなく、日光に当たる時間は15分〜20分程度で十分効果がありますので、日焼けはさほど心配しなくても良いと思いますよ。

 

日光を浴びると人間の体内時計も正常にリセットされ、気分もリフレッシュできると言われています。

 

食事にも気をつけつつ、日光も積極的に浴びるようにしましょう!

 

 

まとめ

食事で免疫力を高めていても、仕事や勉強、運動などで体力を消耗し疲労がたまっていると、高めているはずの免疫力もすぐに低くなってしまいます。

常に体を鍛えている一流のアスリートであっても、練習などで疲労を溜めやすいので意外にも風邪をひきやすいそうです。

 

うがい、手洗いをベースに食事で免疫力を高めるとともに、できるだけ疲労も溜めないように心がけましょう。

スポンサーリンク

-病気

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

救急車はダメ!?一人暮らしのインフルエンザで病院へ行く手段とは

大学生や社会人の一人暮らしで一番困るのが「病気になった時」です。 中でもインフルエンザは身動きが取れなくなる上に、一人暮らしを始めたばかりの方などは近くにかかりつけの病院がないこともありますよね。 ス …

風邪薬の期限切れは飲んでも大丈夫?使用期限の目安や日切れ薬の効能

季節の変わり目になってくると体調の管理をしっかり行っていても、どうしても体調不良になってしまう場合がありますよね。 周囲から風邪を貰ったり、寝ている最中に布団を蹴り飛ばして寝冷えをしてしまったり。 ス …

夏のクーラーのつけすぎは危険!?冷房病の原因と予防改善法

みなさん、冷房病はご存知ですか? 夏になると、屋内ではクーラーをかけているところがほとんどですよね。 しかし冷房をつける夏場は、寒さの厳しい冬場よりも「冷え」に注意が必要です。 スポンサーリンク 冷房 …

風邪は引き始めの対策が肝心!これ以上悪化させないための方法と対策

楽しいスケジュールや忙しい仕事をこなすために、一番大切になってくるのは体調管理ですよね。 季節の変わり目や、忙しい日々の繰り返しで心身共に疲労してしまうと免疫力が下がり、体調を崩しやすくなってしまいま …